モラハラ・DVから逃げるためのシェルターはどんなところ|施設について

未分類

モラハラやDV被害から逃げるための施設は、命を守る場所。なので、詳しい情報は公には一切出ていません。でも、モラハラやDVから逃げた後に一体どんな場所はわからない施設に行くというのは、ものすごく不安なことではないでしょうか。
不安だからこそ、今のまま留まっていようと思ってしまいかねません。シェルターで過ごした経験のある私が、施設内のことを詳しくお話しします。

住所がわからないように何かの施設の片隅にある

モラハラやDVから逃げるためのシェルターは、住所がわからないようになっています。シェルターに逃げ込む私にも住所は告げられませんでした。
なので、夜にシェルターに移動した時は、どこに向かっているのかさえわからずに不安でしたね。
表向きは別の施設、何かの更生施設になっていてその片隅にモラハラやDVから避難できる場所がありました。どこにあるのかわからない不安はありますが、私が住んでいた住所や知人がいるかどうか、夫の行動範囲から安全な場所を選んだ施設に連れて行ってもらえます。
なので、安全に配慮された場所で過ごすことができます。

施設によって部屋の仕様が違う

何かの施設の片隅に、モラハラやDVから逃げられるシェルターがあるので、施設や部屋の雰囲気は違うようです。私が施設の人数の関係で2箇所のシェルターに留まりました。

最初に泊まったのは小さな部屋

私が最初に向かった場所は空いている部屋がなかったので、仮の部屋を用意してもらいました。4/5畳ほどの畳のスペースに、シャワー室とトイレがついている小さな部屋。
清潔感はありますが、無機質で寂しい印象でした。これからの不安や罪悪感がいっぱいな私からは、刑務所のように見えました。
安全な場所に泊まらせてもらっているのに、失礼なのですが…

シェアハウスのような施設

移動した施設は、広いお庭がある施設。モラハラやDVのシェルターになっているのは、施設の奥にある部屋でした。
共同で食事をするダイニングとキッチン、お風呂、個室。個室は6畳ほどの和室です。シェアハウスのような印象で、施設という殺風景な印象がない、落ち着く場所でした。
設備の古さはありますが、掃除が行き届いていて清潔です。私が入っていた時は誰も入ってこなかったので、子供と2人だけで生活できました。
ここに辿りついてからは、安心して快適に過ごせました。

モラハラやDVから逃げる施設は、安心安全な場所にあって快適に生活できる

住所が公にされず、逃げ込む私にも教えて貰えないので、どこに行くのか不安はあります。その分、相手(夫)にも居場所がわからないようになるので、安全な場所に身を置くことができます。
施設内は、ほかに入居されている方と使用する共同スペースがあり、シェアハウスのような印象です。その時にほかの入居者さんがいなければ1人で過ごせます。
施設内は清潔感があって快適に生活できます。家を出なくてはいけないような状況にある方も、我慢して自宅に留まるより、安全で快適に過ごせるシェルターも選択肢にいれて欲しいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました