モラハラ・DVから逃げたい|家を出るためにとった行動

未分類

夫に殴られて、家を出るなら今だと感じました。でも、どうやったら夫から離れられるのかわからなったので、娘と2人で公園にいくふりをして公園で家を出られる方法を調べたことを覚えています。その結果、私はその日のうちに家を出られて離婚もできたので、私がどうやって家を出たのか書きます。

家を出るために警察に行くことにした

警察にいけば、そこからシェルターに行けると書いてありた。でも、一度シェルターにいけば家に帰れないらしい。
家に帰れなかったとしても、家を出られると嬉しい。ほかにシェルターへ行ける方法がわからなかったので、警察に行くことにしました。説明だけしか聞いてくれないと思っていましたが、私はボールペンを投げつけられた跡が目の横にあったので、暴力をふるわれたことがすぐにわかる状態だった。なので、すぐに家を出られるようにしてくれました。
暴力を振るわれたら、警察にいくと家を出られるケースがあります。

夫が確実に出かけるタイミング

その日は日曜日でした。夫は日曜日はジムに通います。ジムなので数時間は帰ってこないことがわかっていました。なので、夫が確実に家に帰ってこないじかんを狙って警察に向かうことにしました。

夫と一緒に家を出て、出かけたことを見届けてから行動に移す

家を出ることを悟られては行けないし、私がどこに向かうのか後をつけられては行けません。ここで失敗すると逆上するかもしれないし、もう家を出るような行動ができないかもしれない。なので、夫が家を出るときに「私も娘と公園に行くから一緒に出る」と言って、夫と一緒に家を出ました。
「いってらっしゃい」と夫が見えなくなるまで見届けて、駅に向かったことがわかってから、私は警察署の方向に歩きました。

警察署ですぐにシェルターを紹介してもらえる

警察署では、受付でDVにあったことを伝えると、別室に案内されました。そこで何があたかを話しました。
「家をでたいと思っているのですが、逃げられるシェルターはありますか?」
と聞いたところ
「シェルターはある、すぐに入れる」と教えてくれました。

警察所に行くと、DVから逃げるためのシェルターを教えてくれることがわかりました。
私はボールペンを投げられて、目の横に傷が出きていたので、DVがあったことはすぐにわかる状態。すぐにシェルターに向かう手配をしてくれます。

暴力を振るわれて危険を感じたら、家を出たいと思ったら、
警察署に行けば、すぐに家を出られる場合もあります。諦めず、怖がらずに行動に移して、安全に過ごせる環境を取り戻しましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました