モラハラ夫と会わずに離婚するために送った手紙

私は夫と会わずに離婚したいと考えていました。

理由は、会うのが怖いからということと

夫を前にするとモラハラ関係が蘇り
夫から言葉巧みに「今までのような夫婦関係に戻ろう」と言われると
自分の意見を失い、戻ってしまいそうな気がしていました。

夫は言動と行動が伴わない人だということがわかったので
夫婦関係に戻ると今までと変わらない結婚生活になることが想像できました。

メールや電話では相手の反応がすぐに返ってくるので怖くてできませんでした。

夫と合わずに離婚するには、再度調停で決まるしかないと思っていました。
別居期間が長くなれば離婚できると思っていたので
時間の経過を待つ気持ちでした。

そんな時にお会いした岩崎どどさんに
「手紙を送ってみては」とアドバイスをしていただきました。

手紙という手段があることをすっかり忘れていました!
手紙を送ると返事が戻ってくるかもしれないけれど、メールや電話より冷静に対応できます。

手紙を送ったあと、夫がサインした離婚届が返ってきたので
私は手紙を送ってよかったと思っています。

直接夫に手紙を送ると私の住所が知られてしまうので
手紙は弁護士事務所宛てに送りました。

弁護士事務所から夫に送るための封筒
夫からの返信用封筒
それぞれに切手を貼ったものを同封しました。

私がどのような手紙を書いたのか全文をご紹介します。

離婚に応じる気持ちになったと聞いたので、離婚届をお送りします。
必要事項を漏れなく記入、押印の上送り返してください。
離婚届不受理申請を私が行っているので、離婚届は私が提出します。

3年間の結婚生活で言われたこと、されたこと。
あなたが覚えていないと言っても
私は、いくら考えても許せません。

私の気持ちや考えを尊重せず
「あんなことを言う、考えるのはおかしい。頭が悪い。」と日がたってから言う
あなたの、私を人として扱わない態度に深く傷ついたのです。

あなたといたころ、私の気持ちを話そうと何度か試みました。
しかし、あなたの一方的な話しで私の口を閉ざし会話ができませんでした。
離婚についてのことだけでなく、些細な日々のできごとや自分の気持ち
子供についてのことなど、何も話せなくなりました。

あの頃、私の話しに耳を傾けてくれなかった。
会話ができなかった、話し合えなかったにも関わらず
今さら話し合いたくありません。

あなたは知らないでしょうが、私を殴ったあの日
子供がその光景を見て泣いていました。
幼い子が争う光景を見ただけで泣くなんて
これ以上争いごとを目にすることの無い環境で育てたいと思い、あなたと離れることを決めました。

家を出てみると、私の話しや気持ちに耳を傾けてくれる多くの人に出会いました。
私は欠点ばかりで未熟ものだけど
それでも可能性を見出し、成長を応援してくれる人。
私の気持ちを尊重してくれる人ばかりです。
社会はこんなに、温かい場所だったのかと知りました。

私は、あなたといた頃の気持ちには戻りたくありません。
あなたが全て原因ということではなく
あなたの態度と言動に傷つきやすくなっていた
私の心にも問題があったと自覚しています。

これからは、私を尊重してもらえる環境で心穏やかに子供と過ごしていきます。
この気持ちは変わりません。

付き合っているときや結婚当初、楽しい思い出もたくさんありました。
結婚し子供を授かることができたこと、かけがえのない経験ができたと思っています。
これ以上、あなたを憎みたくありません。
これで終わりにしましょう。

あなたとはっきりしない関係のまま、子供に会わせたくありません。
なので、離婚という区切りがついてから子供に会わせます。

これからも子供は私が育てていきます。
財産や養育費は一切いりません。

私なんかよりも素晴らしい人と、素晴らしい家庭を築いていってください。
さようなら。

 どのような手紙を書くか、気をつけたポイントがあります。

手紙に下書きしない

消し跡たくさんの手紙は格好悪い気がしたので、手紙に下書きはしませんでした。
気にならない方は直接下書きをして書くと速いかもしれません。

下書きはWordで作りました。
パソコンを見ながら紙にサラサラ~とペンで書き完成させました。

私はペンで書くよりブラインドタッチの方が速く楽に書けます。
デジタルの方が書いて消す、文章を入れ替えるなどが簡単です。
Wordが無い方は、メモ帳やEvernote、メールなど文字が打てるものなら何でも書けます。
ブラインドタッチが苦手な方は、携帯のメールに下書きを作成してもいいですね。

ペンで書くことが好きな方は、下書きを別の紙に作成する方法もあります。
自分が書きやすい方法は何かを最初に考えるといいかもしれません。

何を書くか自分の考えを整理する

漠然と手紙を書こうと思っても進まないので、何を書くのか整理しました。
・相手に何をして欲しいか
・自分はどう思っているのか
・自分はどうしたいのか
私が書きたいと思ったのはこの3点について。自分の気持ちを整理してから書きました。

最初は1番して欲しいことを書く

夫は手紙を最後まで読まない可能性があるので、1番して欲しいことを最初に書きました。
あいさつや「お元気ですか?」などを書くか迷いましたが
私は夫とあいさつがしたいわけではないし、元気かどうか知りたくもない。
なので、唐突に要件から始めました

離婚に応じる気持ちになったと聞いたので、離婚届をお送りします。
必要事項を漏れなく記入、押印の上送り返してください。
離婚届不受理申請を私が行っているので、離婚届は私が提出します。

 

次に自分の気持ちをはっきりと書く

夫が手紙を全部読まないことを想定して
私が言いたいこと、夫が知りたがっていた私の気持ちについて手紙の前半に書きました。
・何を思っているのか
・何を思って家を出たのか
ありのままの気持ちをそのまま書きました。

夫の所有物ではなくなったことを思わせる

モラハラ、DV夫には攻撃をしても逆上するだけです。
逆上させて「離婚しない!」という気持ちにさせるのは避けたいと考えました。

モラハラ、DV夫は私が所有物ではなくなったと思うと諦めると考えたので
家を出てからの私を想像できるような文章を書きました。
あえて夫の名前ではなく「あなた」と書くことで他人行儀にしました。

家を出てみると、私の話しや気持ちに耳を傾けてくれる多くの人に出会いました。
私は欠点ばかりで未熟ものだけど
それでも可能性を見出し、成長を応援してくれる人。
私の気持ちを尊重してくれる人ばかりです。
社会はこんなに、温かい場所だったのかと知りました。

 

途中に夫を認める一文を

人は認められたい気持ちが強いので、承認欲求が満たせるように夫を少し認める内容を書きました。
夫を突き放す文章だけでは夫もイライラするだけだと思ったので、
夫の気持ちを満たすような一文を途中にいれました。
やりすぎると「やっぱり俺はすごい」と勘違いさせるので、少しだけ。

付き合っているときや、結婚当初、楽しい思い出もたくさんありました。
結婚し、子供を授かることができたこと、かけがえのない経験ができたと思っています。

 

気持ちを上げた後に主張

気持ちが少し上がったあとの要求は受け入れやすいと聞いたことがあるので
夫を認めた文章を書いたあとに、私の要求を書きました。

あなたとはっきりしない関係のまま、子供に会わせたくありません。
なので、離婚という区切りがついてから子供に会わせます。

 

最後は突き放す

手紙を最後まで読んだとしたら、最後の文章が印象に残ります。
ここに夫について攻撃的な言葉を書いてしまうと
「このやろう!」という気持ちが残ってしまうので、最後に攻撃的な言葉を書くのはやめました。

私なんかよりも素晴らしい人と、素晴らしい家庭を築いていってください。

私を引き戻すより、新たな出会いを求めた方がいいのではという気持ちになるように
この文章で終わりました。

 

私は、夫を逆上させずに自分の気持ちを伝えることを考えて手紙を書いたので
攻撃的な言葉は抑えました。

でも、モラハラ被害にあって手紙を書いたという方の中に
「嫌いです」「苦痛なんです」というような言葉で手紙を書き綴った方もいるようです。
私も次に手紙を出すなら、厳しい言葉で書こうと考えていました。

手紙は自分の気持ちを伝える手段。
「嫌い」という言葉を伝えたいなら思う存分書いていいと思います。

きれいな文章を書くことや、こう書かなければにとらわれず
・相手にどうして欲しいか
・自分はどう思っているか
この2つだけははっきりと伝わる手紙を書きましょう。

きれいな文章よりありのままの気持ちを書く方が感情が伝わります。

私は手紙を送ってみて、行動すると思いがけず状況が変わることがあると知りました。
行動せずにいると今のままです。
少し勇気をだして行動してみることが現状を変えるために大切だと感じています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モラハラ・DV夫から逃げたあとの社保と年金はどうなるの?

仕事と保育園どっちを先に決める?専業主婦のまま家を出た後に悩んだこと

家出後の仕事探し、マザーズハローワークを利用して知ったこと

モラハラ夫は「モラハラの特徴」にどれくらい当てはまる?

シングルマザーは寂しい?モラハラ・DV夫と離れたあとの子供と2人暮らしで感じてい...

モラハラ・DV夫から逃げたあとに変えた、たった1つの考え方