モラハラ夫婦のカタチとあるべき夫婦のカタチ

私たち夫婦の関係はおかしいのかもしれないと考え始めた頃
相談員の方に「夫婦のカタチ」についての話しを聞きました。
この話しを聞いて、夫との関係を客観的に見直せるようになりました。

夫婦のカタチはどのようなイメージがありますか?

夫婦の関係性は、両親の関係やイメージでそれぞれ異なると思います。

夫婦のカタチはそれぞれの家庭で違うからこそ
現状が辛くても「夫婦だから」と我慢し続けてしまいます。

夫婦のあるべき関係はこのようなカタチだそうです。

夫と妻は同じ大きさの丸

一部分を共有し合うのが夫婦だそうです。

何を共有するかは強制的ものではなく
自分で選べるものです。
共有したくないものはしなくてもいいんです。

重なり合う部分の大きさはどれくらいでもいい。
個人の一部分を共有することで夫婦関係となるそうです。

私は夫から「女は男の言うことを聞くんだ!」と言われていたので
夫と同じ大きさの丸であることに驚きました。
「そういえば現代社会は男女平等でよかったんだった!」と思いだしました。

この図を見て心が軽くなりました。
私もこういうカタチの夫婦関係でありたいと思いました。

夫婦はこのカタチであることをイメージできれば
結婚へのハードルも下がるのではと思います。

共有する部分は、夫婦で過ごしていく中で無理に広げる必要はなくて
個人の丸が大きくなればなるほど
自然と共有する部分も大きくなっていきます。

そうやって夫婦で成長するものと教えていただきました。

私が陥っていた夫との関係はこのようなカタチ

夫の中にすっぽりと入り込み
本来ピンクだったのに色まで変わっているようなイメージです。

夫の言うことを全て聞くことはもちろん
隠し事をせず全て話さなければと思っていました。

何か恥ずかしいことや悪いことを考えているわけではないけれど
私は自分だけの世界を持っていたい人です。
1人であれこれ、いろいろ考えたいんですよね。

でも、夫には自分の考えていることもすべて共有しなければいけないと思い込み
とてもストレスを感じていました。

隠し事をしていることがわかったら何を言われるかわからないので
隠し事ができなかったことが辛かったです。

モラハラ関係にある夫婦や
夫が養わなければ、女性が尽くさなければと負担を感じる方は
こいうイメージをしているのではないのでしょうか?

逆に夫の部分が妻という関係もありますよね。

本来あるべき夫婦のカタチに変えるには?

夫と同じ大きさの丸、対等になることはできないか考えました。
でも、夫を目の前にすると夫の言動には逆らえませんでした。

夫の丸の中から抜け出せない。
夫と対等な関係になれない。
なりたい夫婦のカタチになれない。

夫婦関係を見直さなければと思えるようになりました。

しかし、何でもかんでも夫と共有しなくてもいいと知ってから
1人であれこれ考えている、自分の世界を共有することはやめたので
心が少し楽になりました。
隠し事をしても、いがいと夫は気づきませんでした♪

この話しを聞いてから、
今の夫婦関係はあるべきカタチではないのだから
我慢し続けなくてもいいと考えることができ
現状を客観的に冷静に見ることができるようになりました。

夫婦だけでなく、家族のカタチについても教えていただきました。

子供が成長すると
親とは重ならない部分が大きくなります。

無理に取り込もうとせずに
子供だけの部分の成長を見守ることが大切です。

無理に取り込んで親と共有させようとするのは、過保護、過干渉。
逆に親と重なる部分が無いと放任になりかねませんね。

夫婦、家族。
それぞれの家庭でさまざまな関係があるけれど
本来あるべきカタチという基準を知っていれば

一度立ち止まって、関係性を客観的に見つめなおすことができるのではと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

気がついた時にはDV・モラハラ関係に。始まりを振り返ってみました。

死ねと言われ続けた私が、自殺をしなかった理由

モラハラ・DV被害を殺されかけて自覚できたこと

モラハラ・DV被害を受けた私が気づいた、今まで逃げていたこと

家族をも否定してくるモラハラ・DV夫。

モラハラとDVの違いとは?